継続できる英会話スクール

英語を身につけるのには?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
英語を身につける方法
Pocket

先生!英語を身につけるにはどうしたらいいですか?

英会話の先生、バイリンガルとしてよく聞かれる質問です。自分自身、両方アメリカと日本に長いこと住んでおり、4歳から13歳は日本、13歳から28歳はアメリカ、そして今、28歳から30歳(2020年)は日本と行ったり来たりです。このような人生を生きていれば、当然、バイリンガルなんて当たり前の話ですね?日本でしか、生きたことなく、英語も中学校からの週1回、社会人になってから英会話スクールに通い出し週一回、まぁまぁ高い値段出して通ってる人の気持ちなんてもちろん100%わかりません。なぜなら、私は、13歳までは、日本語オンリー、そして、13歳から英語をサバイバルの為に身に付けたようなものですから。

英語を身につけるのに、掛かる時間、費用・・・・

私は調べることにしました。いったい、どのくらいの時間がかかるのだろうか・・・を。

通常、英会話スクールは週1回で40分〜60分のレッスンが普通とされてます。

市場の平均として、月額¥15,000(月4回)の45分レッスンとして計算しましょう。

レッスン時間: Monthly 45分 x 4回  = 180分(3時間)Yearly 3時間 x  12ヶ月 = 36時間

◆費用:月額 ¥15,000 x 12ヶ月 = ¥180,000

以上となります。ここまでは、簡単ですよね?

では、英語を身につけるには何時間必要なの?

実際、人それぞれですが・・・・調べた結果、米国国務省の期間FSI調査によると、目安は3,000時間とされてます!

3,000 時間!!!!????

イメージつかないと思いますので・・・・最速のジェット機で地球一周20時間らしいです。それを、250回ですね!もっとイメージつかないです!!!という方に・・・

新幹線で、大阪→東京が片道2時間30分です。約600往復ですね。

飛行機で、東京→ロサンゼルスが約10時間です。 約150往復ですね。

毎日24時間勉強したとしたら、125日で英語はできるようになるということですが・・・それは体力的に無理ですね。

では、週一回の計算でしましょう。

一年、52週 x 45分 = 2340分です。約39時間です。

一年で39時間となりますので、3000時間を目標とすると、76年かかります。定年退職もとっくに過ぎ、きっと田舎で昼ビールを楽しんで農業してる頃に、英語が身に付く感じですね・・・・・

しかし、この3000時間は、英語知識ゼロからです。

中学から英語のクラスをがあれば、中学の3年間、高校の3年間があるので、6年です。

一般日本人の場合(親の関係で海外経験や高校留学してない場合)中高等学校で1000時間程度はクリアしてますので、残りは2,000時間ですね。

2,000時間となりますと、約51年ですね!

51年 x 18万は、918万円かかるということですね。

たっけーわ!!!ってなりますよね?

51年もかかるの????918万!?

はい。51年もかければ、最低918万はしますね。実際、大手英会話スクールの料金はもっと高いので、1000万は超えると思います。

でも、英語話せる日本人は皆51年もかけて英語身に付けてるの?となると、それは違います。

大人になってから、51年もっとなると、流石に残酷過ぎますよね

では、どうしたらいいの?留学?

留学は、1つの手段ですね。僕みたいに、13歳でアメリカに英語能力ゼロで引っ越し、現地校で毎日英語となると、一日、最低でも7時間は英語です。週5の学校で休みなしで計算しても、1年1820時間ですね!後少しで、2000時間達成!!!っとなりますが、実際そんな簡単ではありませんよ。自分の経験からすると、2年以内で、友達と喋ったりジョークかましたり出来てました。勉強嫌いだったので、文法はまだまだでしたが・・・・

でも、留学をすれば、間違えなく英語を身につけるスピードは早いですよね。

留学しないのであれば、日本で週5で1日、7時間英語の勉強をすればいいってこと????

それも、1つの手段ですが、7時間のInputばかりになると思います。Input(インプット)とは、スピーキングとリスニングなしで、文法と単語勉強ばかりのことです。もちろん、プラスになりますが、英語を身につけるには、最高のOutput(アウトプット)が必要です。7時間ってなると気が遠く、先も遠く感じ、効率がよくないと思います。特に、社会人の方などで、1日仕事をしてから、帰宅してから、7時間となると、体力的に難しいですよね?

現実的に、無理せず可能なのが、月13時間〜15時間だと思います。これは、英会話の先生として見てきてるからです。

13時間から15時間ですと、最低でも、1日45分/週5回となりますね。現地で学校に通ったとしても、Englishの授業(日本で言う、国語の時間)は1日1クラスが普通ですね。

13時間〜15時間はOutput/Speaking(アウトプット)するべきだと思います。

How should I study?

お勧めとしては、20分〜45分Speaking(話す)をします。今、オンライン英会話やカフェで気軽に英会話できるシステムが沢山ありますので、出来ないことではないです。Speakingをすることによって必要なOutputができ、会話に対しての自信が身につきます。Outputするには、人と会話をするだけでなく、本を音読し、録音をすると言う方法もあります。会話をする方が圧倒的に効果ありですけどね。

45分〜60分のListening(聞く)。これは、Inputですね。毎日英語を耳にすることによって、英語に対しての恐怖感、不信感などが無くなってきます。Speakingの時に、相手と会話をしていれば、Listeningは自然とできるものなどで、一石二鳥ですね。

最後に、30分〜90分の文法と単語の勉強です。(Reading&Writing) やはり、TOEICやTOEFLの為の点数をあげる為に勉強されてる方は、これは必要です。TOEICとTOEFL用の単語本を購入して勉強するのも良いですが、こども向けの本を買って読むといいです。TOEICやTOEFLで使われる単語を理解する前に、こども英語を理解する必要があります。スポーツに例えると、ピッチャーになる前に、まずはキャッチーボールから学ぶ感じです。そこから、フォームをしっかりして変化球などを覚えていく感じですね。

◆1日、1時間半〜3時間半の英語時間があれば、効率的に英語を学べます。

◆1ヶ月20日の英語勉強を1日3時間とすると、月60時間ですね。

◆60時間 x 12ヶ月 = 720時間クリアできます。

どのようなListeningがお勧めですか?

よく、「洋画見てます!」「洋ドラマ見てます」「ラップ聞いてます!」と英語を勉強されている方たちから聞きますが、個人的にはあまり効果がないと思います。映画やドラマの場合、よく人気ドラマや最新の映画とかですが、これは、難易度が高いです。なぜかと言うと、日本にこられている、ALTやJETの先生、NovaやAEONなど大手で働れている外国人先生たちに、いきなり、「半澤直樹観てれば日本語少し身につきますよ!」と言っているようなものです。日本人でさえ、ついていけないないようですよね・・・

ですので、お勧めは、こども番組やゲームショーです。

こども番組

・Spongebob Square Pant ・Rugrats ・Scooby-Doo, Where Are You! ・Full House

・Bill Nye the Science Guy ・Drake&Josh(Disney Channel) ・Disney Channel(その他の)

こども向けですので抵抗はあるかもしれませんが、意地を捨ててトライしてみてください。

ゲームショー

なぜゲームショーをお勧めするかと言うと、解説者が同じフレーズを繰り返すことが多いからです。また、指示とか商品の説明が多いので、すっごく難しい単語やフレーズは使ってません。また、ゲームショーなので、一緒に楽したりできます!

The Price is Right! ・Survivor(大人向け)・Tell the Truth  ・Deal or No Deal

ゲームの説明:

Deal Or No Deal

最初に、客席から抽選で出場者1人が決定される。選ばれた出場者は、賞金が入っているジュラルミンケース26個の中から1個選択する。そして、選択されなかった25個のケースの中から1個ずつオープンさせていく。オープンしたケースは、賞金額が公表されて獲得の権利が消滅し、それによって最初に選んだケースの中身を絞り込んでいく。司会者はケースの中身を一切知らされていない。

ただし、決まった数のケースをオープンする度に、高額賞金を抑えるために「バンカー (Banker)」と呼ばれる番組制作者側が、出場者に対して電話で取引を持ちかけ賞金を提示する(バンカーはケースの中身を知らない)。これに「ディール (Deal)」(取引する)すれば、提示した賞金を獲得してゲーム終了となる。なお、賞金の提示額は、現段階でオープンしていないケースの最低金額と最高金額の間になる。逆に、「ノー・ディール (No deal)」(取引にしない)の場合は、ゲームは続行される。最後までノー・ディールして場に残ったケースが1つだけになった場合は、最初に選択したケースが賞金となる。なお、出場者は応援席の人と相談することができる。続きを読む・・・・・>>

The Price is Right!

基本的には賞品の値段(金額)を当てるゲームである。ここでの値段は、アメリカにおける実売価格(actual retail price)を指す。

番組は、ワン・ビッド(1,2,3回目)→ショーケース・ショーダウン(1回目)→ワン・ビッド(4,5,6回目)→ショーケース・ショーダウン(2回目)→ザ・ショーケースの順で進行する。以下のルールは、現在放送中のものに準拠する。後述する特別企画では、ボーナス賞金が増額されるなど、一部のルールが異なる場合もある。

で、何が言いたいのか?

よく、本屋やアプリで「1日5分で学べる英語!」とかあると思いますが、詐欺すぎて笑っちゃいます。

英語ってスポーツ・筋トレ・経営に似てると思います。お金を投資したからってお金は作れないし、ジム会員やプロテイン買ったからとかでは筋肉はつきませんし、週一で、投球練習してるからってレギュラーになれるわけでもありません。毎日の継続が必要です。1日7時間筋トレしても意味がない、1日に7時間英語勉強しても効率が悪いと言うことです。

レギュラーになりたいので、あれば毎日の練習が必要です。筋肉をつけたいなら、継続と計画が必要です。いつまでに、1000時間、2000時間と3000時間を達成したいかを明確にすることが必要ですが、その数字だけを追うと言うのも、よくないと思いますので、バランスよくですね。

以上、長々とだらだらとした内容になったかもしれませんが、英会話スクールの代表と先生として参考までにと思い書かせて頂きました。

私、Comfy English英会話スクール広島は、県外のかたもオンライでサポートしてますので、ぜひ、ご興味あるかたご連絡お願いします。スピーキングを中心としたレッスンですので、楽しく英語を学びましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事一覧

  1. Comfy English 英会話スクール広島

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2020年 8月 19日

Comfy English 英会話スクール広島

無料体験レッスン

クービック予約システムから予約する

自宅学習ツール

Line

友だち追加

カレンダー

2020年7月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
PAGE TOP